初心者や通信関連の経験がなくても自作PCはできます

自作PCに挑戦しようと考えている人は、まずパーツ集めから始めるとスムーズに事が運びます。

初心者であっても、通信関連の仕事に就いていなくても、ひとつひとつの部品の仕様と構成についての情報を集めることで、目標の達成に近づくことができます。パソコンの中核となるのがCPUとマザーボードです。CPUは人間でいえば大脳に相当する文字通り中核をなす部品です。これをベース基盤となるマザーボードに組み込みます。CPUは発熱するパーツなので冷却が必要ですが、たいていの場合は付属の空冷ファンで必要な冷却ができます。

次に必要なのがメモリーとハードディスクです。CPUで処理する情報はいったんメモリーに一時的に保管されてから処理工程に移ります。この容量は大きければ良いのですが、オフィスソフトやウェブ閲覧などの通常使用であれば8から16ギガバイトあれば十分です。ハードディスクは、基本プログラムであるオペレーティングシステムや各種アプリケーションソフトを保管しておくのに必要で、最近ではSSDといったより高速なパーツも売れ筋です。容量は、プログラム類を保存するドライブとして256ギガバイト以上、データーや動画や音楽ファイルを保存するドライブとして2から3テラバイトあると良いです。

自作PCではこれらのハードウエアに加えて、オペレーティングシステムはWindows10が事実上のスタンダードであって、これに加えて文書や表計算作成のオフィスソフトなどのソフトウエアが必要になります。インターネット通信関連のプログラムはフリーウエアで評判の良いものが利用可能です。ハードウエアの組み立て方法やプログラムのインストールは、スマートホンの初心者向けのサイトで参考となる情報が手に入ります。このように自作PCを始まるにあたっては、初心者であっても通信関連の経験がなくても、組み立てやプログラムのインストールは十分可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *