自作PCに使うケースについて

マザーボードとCPU、電源ユニットやDVDドライブ、ハードディスクにメモリなどのパソコンパーツがあれば、自作PCを作ることもできます。

パソコンはそれぞれがユニットになっているため、自作PCを作ることもそれ程難しいものではありません。但し、マザーボードとCPUの相性があるため、初めての人は経験者からのアドバイスを受けることをお勧めします。自作PCに必要なものの中でもケースはそれぞれのユニットを格納するための必須アイテムと言っても良いでしょう。一派的に自作PCはタワー型タイプが主流で、ケースも縦型タイプのものが多くあります。

パソコンの中でもタワー型は拡張性能が高く、後からPCIスロットに専用カードを増設したり、ハードディスクを2台接続したい時などにも便利な筐体です。最近のパソコンの中にはモニターと一体型になっているタイプがありますが、一体型の場合には接続などが要らないメリットがある反面、拡張性能が低いので後から何かを増設したい時などは少々ハードルが高めになります。

尚、自作PCに使う各種ユニットを始め、ユニット類やマザーボードを格納するためのケース類はパソコンパーツを販売しているお店で購入ができます。ケースを購入される時には、マザーボードのネジ穴とケースのシャーシー部分のネジ穴位置が合っているのか否かを確認しておくことが大切です。そのため、最初にマザーボードとCPUを選んでから決めるのが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *