自作PCでパソコンに詳しくなる

パソコンのことについて詳しくなりたいというなら、自作PCを作ってみるのがおすすめです。

自作PCでは、パソコンケースや電源ユニット・マザーボード・CPU・メモリ・OSなどの各パーツを自分で買い揃えて、それらを組み立てることになります。自分で組み立てることで、パソコンがどのような部品から構成されているのかや、それぞれの部品の役割がどういうものなのかがよく分かり、とても勉強になります。慣れてこれば、パーツの入れ替えなども自在にできるようになり楽しいこと間違いありません。

自作PCなんていうと凄く難しそうで、「メカ音痴の自分には無理そう」と思う人も少なくありませんが、実際にやってみると意外に簡単だったりします。単にパーツを組み上げるだけなので、プラモデルを作るような感覚です。ただし、初心者にとっては難しいので、ちゃんと入門書などを購入してきて、その指示通りにやるようにした方がいいでしょう。

部品の購入も最初は入門書に書いてあるものとまったく同じものを購入した方が無難です。違うものを買ったりすると、規格が合わなくて使えないなんてことになりかねません。自作PCをいじるのは楽しい人にとっては楽しいですが、全ての人に自作PCがおすすめというわけではありません。自作はトラブル時などは全部自力で解決しなければいけないので、けっこう大変でもあります。故障してもメーカーに修理を依頼することはできません。基本的に自分でなおすしかありませんから、そのへんは覚悟の上でやるべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *