自作PCの際にやってはいけないこと

自作PCは誰でもできますが、だからと言って甘く考えるのは危険です。

自転車は誰でも乗れますが、乗り方を雑にするとケガをすることがあります。自作PCも同じで、作業を甘く見て行ってしまいますと、思わぬ事故につながることもあります。自作PCでの事故とはパソコンが動かなくなることです。基本的に部品はすべて精密機械ですので扱いを慎重に行うことが必要です。作業の中で特に注意が必要なことは静電気に対する対応です。ご存知の方も多いでしょうが、パソコンは静電気に弱いのです。ですから、各パーツに触る際は帯電防止手袋をはめることをおすすめします。

この手袋は静電気対策にもなりますが、けが防止にも役立ちます。作業をする際は電源を切り、コンセントを抜くのが基本です。こうすることによってコンデンサなどに帯電していた電気を放電することができます。また、パソコンの電源ボタンを2~3階空押しするのも必要です。PCを作る作業とは関係なのですが、自作PCを経験しますとなんとなくケースに対する警戒感が弱まる人がいます。

自分で作ったという感覚がさせるのでしょうが、ちょっとしたことでパソコンケースを開ける人がいます。ですが、これは絶対にやってはいけないことです。作業中はHDDの磁気ヘッドとディスクはほんのわずかな隙間で動いています。ほんの少しの衝撃でも傷つくことがありますので注意が必要です。もちろんケースを開けっぱなしでいることもやってはいけないことです。ほこりが中に入り、最悪の場合はショートすることもあり得ます。パソコンは精密機械という意識をもって使うことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *